今日の大判小判

ロリポブログ「今日の大判小判」http://blog.koban.jp/ の
ミラーサイトです
<< July 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | - | - |

アイロンをかけるか、クリーニングに出すか

あの人といつもケンカになるお題、それは「ワイシャツのアイロン」です。

お気づきでしょうが私はあまり家事が得意ではなく、料理もそんな上手じゃないし、掃除はキレイ好きのあの人がやってるし(リビングの掃除機くらいは毎日かけます。育児はノータッチのつもりなので、その代わり掃除を手伝ってる、と言われました)洗濯はアイロンがね〜

どうも私がするワイシャツのアイロンは気に入らないらしいです。
・アイロンをする→クローゼットにかけておく→
・「コレ、アイロンしといて〜」「えっ、やってあるけど?」「ええっ、どこが?」→
・私の目にはしわはないと思うが、あの人にとっては物足りないレベル→
・そしてあまりにも言い合いになった時は、あの人自らアイロンをかけています。それを見て黙る私。

それってさ、どうなのよ?と。私のアイロンをかけたっていう事実はどこに?って。いや、まぁ、でも納得できないレベルならしょうがないのかな。きちんとアイロンかけてないワイシャツ着てる男の人ってだらしないですもんね。奥さん何やってんだ?みたいな。分かりますが。

私だってあまりにも言われるので、アイロンのかけ方みたいなサイトを見て、洗濯終わってからワイシャツ取り出してキーピングで糊付けして、脱水もしわができないように短い時間して、型崩れしないように干して、アイロンもスプレーのり?みたいなの襟や袖口に大量にかけてやったり、形状記憶のワイシャツを買ったりしてみたけど、どうもお気に召さないらしい。

しわがないのはもちろん、いつも言われるのは「もっとさー、クリーニングに出したみたいにできないの?」って。そりゃーアンタ、できません(笑)クリーニング屋じゃないんだから。どうもパリッと感が足りないみたいです。で、今までもったいなくてできなかったんだけど、またクリーニングみたいに…と言われたので

「わかった!じゃあ、全部これからワイシャツはクリーニングに出すわ。食費を節約してでもぜっったいに出すから!!!(でもそんな気はあんまりないけど)」

と言い、その翌日に2枚くらい残して他全部クリーニング屋に出してきました。
もー、売り言葉に買い言葉!!でも、やはりお金もったいない…という気持ちは消えず。

で、さっき、世間はどうなのかなーって検索してみたら、ほんといろいろですね。

・クリーニングに毎回出すのは生地が傷むので自宅でアイロンがよい
・クリーニングに出したほうが、汚れが落ちていい
・そんなに高くないし、何回かに1度出す程度でいいのでは?
・結構高いですよね!冠婚葬祭くらいしか出しません。

とかねー。なんなの。結局、その人の価値観に左右されるってことですね。

なもんで、これからどうしようかなーと。クリーニングに出したワイシャツが洗濯物に出てたんです。だから、これ…自宅でアイロンしたら、また元の木阿弥なんだろうし。だからって、クリーニングはもったいないっていう私の価値観。でもパリッとしたワイシャツを着たいあの人。確かにそんな男の人は仕事ができるっぽいとも思う私。ガー!!どうしたらいいやら。
12:15 | [家族]あの人 | comments(0) | - |

難しいお年頃…

みなさんもご存知のように、うちの人(パパ)は掃除が好きで、あの人が休みの日は家族総出で掃除をするのが習慣になっています。

いつも「部屋が片付いてない!!」と言われているので、小春は「今週は大掃除するんだ〜パパにも怒られないようにするぞ!」とはりきって毎日カバンをきちんと元に戻したりして努力していました。

で。
あの人の休みの日がやってきて、ほめてもらえると思っていた小春。しかし…
きれいになった床などは見ずに、机を見て

パパ 「なんや、この机の上は〜こんなんで、勉強できるの?片付けたら?」
小春 「う…うわーーーん」 ←号泣…

みたいなさーーーー。
いやいやアンタ、床を見てみてよ〜すっごいきれいだし、何も物が落ちてないじゃん?え、それが当たり前?いや、そうーーなんだけどさーー、小春は毎日パパに見てもらうためにがんばってたんだよ〜って感じでね〜

あの人曰く、
「なんであれくらい言っただけで、泣かれなあかんの?ちょっと…引くわ〜机の上が汚かったのは事実やろ?」

だーかーらー。
そうなんだけどさ、まだそんなこと言うか??
なんだろう、こういうところ、案外無頓着で。女心をわかってないっていうか。
そりゃアンタは間違ってないんだけど、全体を見て言ってあげてよ〜
一応、あの人も大人なので小春に「ごめんな」(でも机の上が…って不満そうだったけどね)と謝って仲直りしたけど。

あと、私ももっと「小春はがんばってるよ」アピールをしておけばよかったのかなぁ。
小春も大きくなってきて、こんな行き違いがたくさんあるようになるのかな?男親と娘は難しいです。
12:10 | [家族]あの人 | comments(0) | - |

こっそりと

大判家はいつも週1回、休日の朝にみんなで掃除をするという決まりがあります。でも私が掃除をするとあの人が我慢できなくて(きれい好きだから雑な掃除がイヤ)もう一度やるので、結局私は台所方面しかやってないんですけどねー。

で、あの人がダイニングの机とイスを拭き掃除していた時に「アンタのイスは掃除してやらんからな」と言い出しました。なんでよー!!

「だって、物は背中付近に置いてるし、半纏がイスにかかってるから動かすの面倒だし。このまま拭き掃除せずにどれだけ汚れていくか実験するねん」とか言いやがんの。

なので、今日こっそりあの人のイスと私のイスを交換しておきました。これで自分のイスと思いながら実は私のイスを拭いてることになります。やーいやーい(笑)…つーか、ちゃんと物を置かないようにしないといけないですよね。すみませーん。

10:42 | [家族]あの人 | comments(0) | - |

子どもの行事への温度差

 昨日、小夏っちゃんの幼稚園の生活発表会やったんですが…

狭いホールなんで、みんな場所取り合戦がすごかったです。朝早くから並んで三脚かついでね〜(遠い目)私ももれなく並んでいたんですが、そこで目にしたのはお父さん達のせつない背中。毛布にくるまって、新聞を読みながらじっと門が開くのを待っている…それもこれも子どもの晴れの舞台のため!!みたいなね〜

でもさ、なんだかうらやましかったです。うちの人はそういうのがダメな人で「なんで?そこまでするかー?」みたいな感じです。以前、入園式の時も平日だったんだけど、チラホラお父さんがいたんですね。そういう話をしたら「ええ!?平日やのに?そういう人って仕事どうしてんの?有給とって休んでんのかなー。信じられへん」って。そんなん人の勝手やん!自分の仕事一筋を基準に考えるなよー!とか思うわけで。

その発表会の場所取りの列でお母さんが並んでいたのは私だけ…朝早くから化粧するのもつらいし、でもいいポジションは欲しいし、あの人は「並ぶか!そんなん」みたいなわけで。そして発表会が始まっても他のお父さん達は大活躍!ビデオにカメラに奮闘してる中、うちは私が全部やっておりました。

まーねー、あの人は機械に疎いんで(DVDとテレビとの配線なんかも私がやります)たまに代わりにビデオ撮ってもらうと(あ〜ここでアップやろ〜)とか(構図的にはこっちの方が…)なーんて私が思ってしまうので、ビデオは率先して撮影してますが、こう、なんていうか、夫婦で一緒に子どもの成長を分かち合う、みたいなのがないんですよねー。私ばっかり一生懸命のような気がして。「小夏っちゃんの出番だけ見て、他の時はホールから出れないの?腰が痛くて」とか言ってるあの人を見て、ちょっとよそのお父さんの熱の入れようがうらやましかったです。

---------
で。
今度、ダンスの発表会があるんですが、これもまぁ文句ばっかり。
「なんでそんな遠い場所でするの?」
「そんな時間から!?遅いやろー」
「チケットなんでそんなに買うの?」
「たかだか子どもの発表会で…」

ってアンタねぇ…バレエの発表会だと1人10万×2人=20万じゃきかないよ〜それが2万×2人=4万くらいで済むんならいいんじゃないかと思うけどなぁ。
チケット買取も普通だよ!私は毎週小春と小夏っちゃんのレッスンの送迎もしてるし、がんばってる姿を見てるから「できる限りのことはしよう!」って思ってるんだけどね〜

これもあの人=仕事、私=育児でフィールドが違うからしょうがないと思う。私だって、あの人の仕事がどれだけつらいか分からないし。黙々と働いて稼いでくれているのは感謝してるし。でも2人の子どものことなのに、って思っちゃうんですよねー。アカンなぁ。

つーわけで、3月は習い事の発表会が2つもあります!
あの人は乗り気でないけど、とにかくこんなにがんばってるよ〜ってとこを見せて、協力してもらわなきゃな〜やるぞー!

09:55 | [家族]あの人 | comments(0) | - |

ゴルフ場デビュー

あの人がついにゴルフ場デビューすることになりました。

「今度、お偉いさんと先輩とゴルフすることになったから」と土日は打ちっぱなしに行ったり、「新しいボール(すでに買ってあるんだけど)を使うのはもったいないから」とロストボール(なんか使い古しの汚いボールが30個で1000円とかそんなの)を買いに行ったり。ウィンドブレーカー買ったり。えらい浮かれております。

以前住んでいた場所で(ついに始めてしまった)ゴルフ教室には通っていたんだけど、こちらではすっかり遠ざかっていたのに…。大丈夫かな?

私はとりあえず月2〜3回はゴルフに行っていた小判父に電話。
どんなもんか聞いてみると

・クラブは最大14本やからな。ちょっとメモっとけ。初心者やったらアイアンの…
・宅急便でゴルフ場に送ったらええから。集配してもらえ。
・あとちゃんとゴルフ用の格好せーよ。
・あとネームプレートつけなあかんで。フルネームで漢字でな。
・ええっ?いきなり18H回るの?それでゴルフ教室は続けてるんか?土日2回行っただけ?そーらアカンわ〜仕事終わってから打ちっぱなしに行けって言っといてー。
・そやな、10時スタートで9H終わってお昼、それから9Hで夕方になって、それから風呂入って食事って感じやな。
・お金はだいたい1回2万はかかるから。カードでも行けると思うよ。

とのことでした。ゴルフってお金も時間もかかるスポーツなんですね〜
そしてお酒と一緒で上司と部下との潤滑油って感じなのかな。ゴルフして風呂、食事、お酒も飲むだろうし、1日つきあって親交を深めるのかな。

私の仕事としては、お金を用意することとネームプレート、それから宅急便の手配ですねー。なんかさ、ここまでしてゴルフするのってすごいなー。その情熱を何かに回せないのか?(笑)

それから小判父はほんとゴルフ好きでよく行っていたのですが、

「よくそんなお金うちにあったな…」とか、
「よく日焼けして真っ赤になって帰ってきてたなー」とか
「いろいろ面倒な手配を小判母は毎回やってたんだ〜」とか、

自分が大人になって知る思い出の裏側ですよね〜

ま、そんなこんなであの人も大丈夫でしょうか?無難にがんばれ〜
10:43 | [家族]あの人 | comments(0) | - |
 1/9PAGES >>